カウンター

書籍「死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33」2020年05月10日 16時53分08秒

 人は死ぬときはなにも持っていくことができません。その時に、いままで大切にしてきたこと、重要だと思っていたものを、すべて捨てる時がきます。書籍を読むと、意外にその義務感などで行ってきたことに縛られていたことを、死の直前に感じることが多いようです。縛られていたものを手放さざるを得なくなったとき、悲しみや切なさと同時に、過剰な執着や執心から解き放たれた状態になるようです。

 何時かは死が訪れることから、あまり縛られない生き方をしていた方がいいのかもしれません。やはりなるべく執着しない生き方ができるのがいいと思えます。また執着でも、人との絆は重要なのだと感じられます。本当に幸せな生き方というのは、比較的、いい加減な生き方がいいのかもしれません。

「死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33」、大津秀一、幻冬舎単行本

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
いまの年号を漢字二文字

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://investment.asablo.jp/blog/2020/05/10/9245134/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Google
WWW を検索 investment.asablo を検索