カウンター

書籍「50歳すぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう」2020年05月03日 11時31分20秒

 日頃の生活で楽しみを見つけることが重要に思えてきます。とくに仕事は、今後も複雑になり、厳しくなっていくのは変わらないため、どのように仕事を面白くしていくのかは、自分次第である。また、日々の中で楽しみを持てる人の方が、強く生きられるのは実感できます。精神的な不調などにも強いと思います。しっかりと、鍛えていきたいと思います。

 さらに、休日の利用なども、詰め込み過ぎるのはよくないが、計画的にしっかりと次の後半の人生への向けてのステップなどを考えながら準備を進めていくことは大切です。そのための勉強も必要です。

「50歳すぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう」、弘兼憲史、幻冬舎単行本

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
いまの年号を漢字二文字

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://investment.asablo.jp/blog/2020/05/03/9242206/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Google
WWW を検索 investment.asablo を検索